初節句内祝 
初節句とは、生まれた赤ちゃんが初めて迎える節句のことです。「節句」という言葉は、日本の暦(こよみ)で「季節の変わり目となる日」を指しますので、季節の変わり目に、家族でお祝い御膳を囲んで子供の成長を祝い、健やかな成長を祈る行事なのです。生まれた赤ちゃんが女の子の場合、初節句は3月3日に行います。男の子の場合は、5月5日の端午の節句に初節句をお祝いします。お子さんの初めての「桃の節句」や「端午の節句」には、ご両親や兄弟姉妹、親戚、親しい友人からお祝いを頂戴する事がありますが、「私どもと同じお祝いの想いをありがとうございます」という感謝と御礼の意味を込めて返礼品を贈ります。そのような心づかいがあれば、これからのお子さまの成長も見守っていただけるでしょう。
のしの表書きと記入例
◇慶事用/初節句内祝
「表書き」には「内祝」・「初節句内祝」とします。
「お名入れ」には、お子さまの名前を書きます。
※表書き・お名入れは注文フォームにてご指定できます。
メッセージカード
※サイズ:縦(105mm)×横(74mm)
※メッセージカードは注文フォームにて「④内祝(お返し)全般用」をご指定ください。
※カードの種類は注文フォームにてお選びいただけます。
メッセージカード文面
ごあいさつ
今回はお祝いを頂戴し
本当にありがとうございます。
ささやかではございますが御礼に
心ばかりの品をお贈りさせていただきます。
今後とも、よろしくお願いいたします。
初節句内祝に最適なおすすめギフト
樹輪バウム
箱入 1,340円(税込)
 詳しく見る 
オリジナルギフト
5種類・5個+バウム 2,400円(税込)
 詳しく見る 
御守 まどれいむ
10個入 2,800円(税込)
 詳しく見る 
飛すれば
12個入 3,800円(税込)
 詳しく見る 
オリジナルギフト
12種類・17個入 4,200円(税込)
 詳しく見る 
宰の碾
20個入 5,000 円(税込)
 詳しく見る 
オリジナルギフト
4種類・16個+宰のUi 5,800円(税込)
 詳しく見る