お見舞い 
病気やケガで入院や療養されている人を慰め励ますのがお見舞いですが、お相手の立場を考慮した常識ある行動が求められます。まずは、突然かけつけたりせず、事前に傷病の内容や状況を確認し、入院直後や手術直後のお見舞いは避けるようにします。お見舞いの品として、喜ばれるのはタオル、スリッパなどの必需品、また軽く読める雑誌や本、スケッチブックと色鉛筆なども退屈しのぎになるので好まれます。食品は消化器系の病気でなくても、食事が治療法の一環になる場合があるので避けたほうが無難ですが、ご家族の方へなら神経質にならなくてもいいと思います。甘いお菓子は、ご家族の方の日頃の看病の疲れやご心配な気持ちをいやしますので、ご家族にとってはありがたいことでしょう。
のしの表書きと記入例
◇慶事用/お見舞い
「表書き」には「御見舞」とします。
「お名入れ」には贈り主様のフルネームを書きます。
※表書き・お名入れは注文フォームにてご指定できます。
お見舞いに最適なおすすめギフト
オリジナルギフト
8種類・8個+バウム 3,200円(税込)
 詳しく見る 
オリジナルギフト
13種類・13個入 3,500円(税込)
 詳しく見る 
オリジナルギフト
7種類・9個+バウム 3,600円(税込)
 詳しく見る 
オリジナルギフト
12種類・17個入 4,200円(税込)
 詳しく見る 
オリジナルギフト
13種類・20個入 5,000円(税込)
 詳しく見る 
オリジナルギフト
10種類・24個入 5,800円(税込)
 詳しく見る 
オリジナルギフト
4種類・16個入+宰のUi 5,800円(税込)
 詳しく見る 
オリジナルギフト
5種類・21個入+宰のUi 7,600円(税込)
 詳しく見る